本文へ移動
新型ハイゼットカーゴ アトレー発売開始
2021-10-16
新型アトレーはキャンプや車中泊に最適
新型アトレー
 ダイハツは12月20日、『ハイゼットカーゴ』『アトレー』シリーズを17年ぶりにフルモデルチェンジし販売を開始した。
 ハイゼットシリーズは、ボンネット型のバン、トラックの軽四輪車として1960年に誕生。以降のボディースタイルをキャブオーバー型に変更し、軽自動車規格の中でユーザーニーズに合わせ使い勝手の良さを追求し進化を続け、農業や漁業、配送業など幅広い業種で活躍。累計生産台数は750万台を超える。
 今回のフルモデルチェンジは、バンタイプのハイゼットカーゴとレジャーユースに対応するため、荷室を最大限に活用できるよう4ナンバー化したアトレーで、車両後部にトラック荷台を装備した「デッキバン」もハイゼットカーゴ、アトレー共に設定された。
ダイハツの商用車では初めて採用した「DNGA」で、走る・曲がる・止まると言う車の基本性能が向上、合わせてパワートレインには、FR用CVTを開発し低燃費を実現。今年度から小型貨物車に適応される商用の企業別平均燃費規制の基準に対応している。
安全面では「スマートアシストⅢ」を搭載。衝突回避支援ブレーキや車線逸脱制御機能など7つの機能が追加された。また4WDはスイッチ操作で2WD、4WDオート、4WDロックの3モードが選択可能で降雪地域での仕様を前提にしながら安全性と低燃費を両立させている。特にアトレーは、ソロキャンプや車中泊仕様にカスタマイズすることでクルマの魅力を引き出せる装備が充実している。
 価格はハイゼットカーゴが104万円5000円~160万6000円、アトレーが156万2000円円~182万6000円。

TOPへ戻る