本文へ移動

新車情報

新型ランドクルーザー300
2021-08-20
環境性能と安全性を大幅に向上
新型ランドクルーザー300発売開始

 トヨタ自動車は、これまでに累計1040万台を販売し、世界170国のユーザーに愛用されている同社の本格クロカンSUV「ランドクルーザー」の最新モデル300系を8月2日に発売を開始した。
 ランドクルーザーは1951年に初代(BJ型)が登場して以来、20、30、40系(ガソリンモデルはFJ型、ディーゼルモデルはBJ型)へと進化、ワゴンモデルは50系から60、80、100系へと受け継がれ、2007年には200系が登場、その後継モデルとして誕生した。
 トヨタのフラッグシップSUVとして高級な質感と運転支援システムなど最新技術を導入する一方、ランクルの本質である信頼性、耐久性、走破性を進化させ、エンジンも燃費・環境性能を向上させるために、排気量をダウンサイジングした3・5㍑V6エンジンはツインターボで最高出力415PS、最大トルク650Nmの高出力となるほか、長らく途絶えていた待望のディーゼルエンジンも復活。こちらは3・3㍑V6ツインターボ、最高出力309PS、最大トルク700Nmを発生、過酷な環境下でも“行って帰ってこれる”世界が認める性能を継承している。
 
 

株式会社陸運情報社

〒062-0911
北海道札幌市豊平区旭町3丁目1-11 豊和ビル
TEL.011-824-1662
FAX.011-824-1752

〒070-8044
北海道旭川市忠和4条7丁目2番6号
TEL.0166-62-2717
FAX.0166-62-0552

自動車業界専門誌発行
及び関連誌、印刷物の発行
TOPへ戻る