本文へ移動
ムーヴキャンバスがフルモデルチェンジ
2022-08-01
洗練され2タイプ登場
ダイハツ工業は7月13日、「ムーヴキャンバス」をフルモデルチェンジし、発売を開始した。
ムーヴキャンパスは2016年に初代モデルが発売、デザイン性と機能性を両立し後部スライドドアを採用した新ジャンルの軽自動車として女性を中心に幅広い支持を得て、2022年7現在で累計販売台数38万台を超えた人気モデル。
今回の前部改良では、初代のスタイルを踏襲した「ストライプス」とより上質でモダンな「セオリー」の2バージョンを設定。これまでの女性を中心としたユーザー層に加え、新世代プラットホームDNGAをベースにターボエンジン搭載モデルの新設定で走りの良さと更なる使い勝手の良さを追求した。
更に安全性能では新世代の「スマートアシスト」を搭載し、「ダイハツコネクト」の採用で安全機能が向上、ユーザーに運転時の安心を提供する。
メーカー希望小売価格はストライプス、セオリーともに149万6000円(2WD)~191万9500円(ターボ4WD)。


TOPへ戻る